TEAM JACKPOT OFFICIAL HP


http://www.team-jackpot.com/


★★★第15回公演★★★

『飛べない生き物』


【公演日時】2017年12月15日(金)~17(日)
  15日(金) 16日(土) 17日(日)
14:00
19:30

【チケット】前売券 (一般):3500円/(高校生以下):2000円
[チケット予約受付中]

【会場】新生館スタジオ
【アクセス】東武東上線「中板橋」駅 徒歩4分

【お問い合わせ】jackpot2010@live.jp
コンテントヘッダー

すなる

鑑賞日記をすなる。
こんばんは、ちゃです。

さて、こんなことを書くと、お前はそんな時間があるのかと怒られそうですが。
ちゃあさんが最近読んでる本。
電車の中の数分の読書時間だけが、疲れた頭の唯一のリフレッシュタイ
ム。
そんなちゃあさんが、今読んでる本。
林芙美子「放浪記」
今まで、読もうと思ったこともなかった。
読もうと思ったきっかけは、座長が出演した芝居に出てきたからか。今となっては、忘れたが。
まだ、最初の方だけど、文章がユーモラスで、なんかすごいお洒落でつぼ。
こんなかわいい文章が書けるようになりたい。
素直で、どんな生活でも文章からは品がなくならない。

ちょっと前に見た映画「さよなら渓谷」
吉田修一さんの原作小説読んじゃった。
普通の人が、犯罪を犯す、しかも集団レイプなんて、絶対ありえないと思ってた。
そういうことする人は元々異常にちがいないと。
だけど、普通の人が、犯罪を犯すまでの心的変化に初めて納得できた。
小説の方だったか。
事件を調べている記者が事件とは全く関係ない第三者の男に聞いてみる?
「お子さんは、息子さんと娘さんでしたよね?もしも息子さんがレイプ事件を起こしたらどうしますか?」
「つまんないことをしたなと思うね。そんなことで人生を棒にふるなんて。」
「もしも、娘さんが被害者になったらどうしますか?」
「相手の男を殺すね。」



ああ、偉そうに語ってしまった。こんな偉そうに語るときは、なんにも考えてないときだ。自分が空っぽだから、せめて偉そうにしたくなるんだ。

じゃあ、次はタイランヌちゃん、お願いします。
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

ホーリーモーターズ

こんにちは。ちゃんちゃんこ鍋ですよ。

私は、増田さん、新澤さんとは同い年ですが、尾崎豊はちょっと世代ちがくないですか??
はまったことは、正直なかったです。
高校時代のボーイフレンドが、ギターを弾きながら、オーマイリトルガールを歌ってくれたことはありました。
今となっては赤面の思い出ですね。
世代を越えて、愛される尾崎なんですね。

増田さんの尾崎くらいテンション上がる人、
探してみたら思い出しました!!
私の憧れの人、心の先輩、レオスカラックス監督が、13年ぶりに新作長編映画を撮ったのです。
制作中から楽しみにしていて、もうわくわくどきどき、緊張しながら、ユーロスペース行きましたよ。
辛辣なユーモアあり、詩的な言葉と映像にテンション上がりっぱなしの二時間でした。
「お前の罰は、お前の人生を生きることだ。」
「人生を演じるのをやめないのは、その行為の美しさの為だ。」

監督も出演してるけど、容姿までかっこいいもんね。

私は活動が好きだーーー!!!

テンション上がって叫びたくなっちゃう。

じゃあ次はまちゃきちゃんちゃんこ、何でもいいからよろしく~。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

観劇

こんにちはヽ(・∀・)ノ。ちゃです。
遅くなりましたが、『説教ゾンビ』をみに来てくださったお客様?関わってくださったすべての方に感謝です。

さて、ここ数日は思い返してみると観劇の日々でした。
世田谷パブリックシアターにて、渡辺徹さん主演の『ハーベスト』時代に翻弄されながら、115年生きたイギリス農家の男性の話です。薪をくべる生活から、段々、電話が出てきて、 冷蔵庫が出てきて、テレビが出てきて。今から数十年たったら、今の暮らしが不便だったと感じるかしら。きっと1900年代を生きた人ほどの劇的な変化はないだろうなあ。

桟敷童子『泳ぐ機関車』言わずと知れた是永先輩が大ファンの劇団ですね。噂はかねがね聞いていたものの、私、一回も見たことなかったです。で、失礼なんですが、見たことないけど、何となく予想つくなあと思っていました。で、最初の開演前の力いっぱい系の挨拶が始まったとき、ああ、やっぱりなあと思いました。が、始まると全然違うんですね。話の内容も面白かったけど、とくに女優さんたちの役作りと演技力に感激しました。帰りに是永先輩が女優さんたちに握手を求めていたのも納得でした。私もすっかりファンの方です。

そしてそして、新澤先輩と、新澤先輩のことをいつも「ニーザー」と呼ぶ中山一朗先輩の二人芝居「動物園物語」。
二人芝居への情熱、二人の信頼関係が見える良い舞台でしたよ。
観劇後、お茶とお菓子がでてきて、一朗さんが「この後みんなで豊かな時間がもてたらと思っています。」と。
お芝居を愛する人達で交流して、ここから、面白い発展があれば。一朗さんのお芝居と人への好奇心の溢れる素敵な空間でした。

それでは、それでは。この一週間は癒しの一週間でした。今週はもうちょいがんばります。

ちゃ

このページのトップへ
コンテントヘッダー

雨ときどきちゃこサン

説教ゾンビが終わって一週間が経とうとしてます。

相変わらず楽しい毎日です。

昨日は雨でしたね。とっても寒かったですね。そんな日でしたね。昨日は私のバディちゃこさんと芝居を観に行きました。
私がかねてから大ファンだと公言しているあの、桟敷童子さんの「泳ぐ機関車」

ちゃこさんは桟敷童子の公演を観るのが初めてだったので、手厳しいちゃこさんに喜んでもらえるかどうか私の胸はドキドキでした。
観た後、ちゃこさんは私よりも大号泣。感動の嵐でちゃこさんも桟敷のファンの方になってしまいました。無理はないでしょうよ。

しかも、昨日はバックステージツアーの日で、公演後に舞台裏もみることができました。桟敷さんはセットも毎回こわだっていて、バックステージツアーといって、公演後に舞台裏をお客さんにみせるというステキな催しをやっているのです。なんて素敵なんでしょうね。叩き班のちゃこさんには、それも喜んでもらえたと思います。

公演後に桟敷の女優さん方と握手もしてもらちゃいました。憧れちゃう女優さん方ばかり。

改めて本当に素敵な劇団だと感じました。
頑張らなくちゃ。



次は、スゴイよちゃこさん☆
あなたいい加減書きましょう。
お願いしますm(__)m
このページのトップへ
コンテントヘッダー

今年初、観劇。

ごま塩こと新澤です。

昨日、スズナリにて今年初の観劇。
東京乾電池のハムレット。久々の乾電池。
力の抜けたハムレットを初めて見ました。笑。

柄本明さん、ベンガルさん、綾田さん素敵でした。
最後の柄本さんのメタメタな挨拶、笑えました。

行けて良かった。

東京乾電池も俺と同じ位の歳の時に立ち上げたのですねぇ。
立ち上げから35年。
俺が産まれる前からある団体。

35年ですよ。

すげぇ。

団体で35年て相当凄い。

また機会があれば観に行こうっと。

今年は何本良い芝居観れるかな。沢山出会えますよーに。

このページのトップへ
このページのトップへ