TEAM JACKPOT OFFICIAL HP


http://www.team-jackpot.com/


★★★第14回公演★★★

『怒れる人たち』


【公演日時】2017年4月19日(水)~23(日)
  19日(水) 20日(木) 21日(金) 22日(土) 23日(日)
14:00
19:30

【チケット】前売券 (一般):3500円/(高校生以下):2000円
[チケット予約受付中]

【会場】新生館スタジオ
【アクセス】東武東上線「中板橋」駅 徒歩4分

【お問い合わせ】jackpot2010@live.jp
コンテントヘッダー

振り向けば奴が居る

更新遅れまして申し訳ありません。
連日の睡眠不足が身に染みて辛い・・・。
まぁ、最後の一日は自業自得なのですが。
脚本を担当する時はペンネームを使おうかと考えています。
どうも、すごいよ☆マチャキさんです。

子供の頃の僕?
何を話せば良いかしら。
幼少の頃の僕は、今では考えられないくらいヤンチャ坊主でした。
思いついたらやらずにはいられなくて、数々の痛々しい失敗談は多いです。
裸足でサッカーボールを蹴ってみたくなって、右の親指の爪を剥がしたり。
図工の時間、カッターで工作していて「力いっぱいダンボールを切りつけたら一刀両断出来るかも」と思い、ダンボールではなく手首を切ってしまったり。
ジャングルジムのテッペンから近くの鉄棒に飛び移ろうとして失敗し、右手を骨折したり。
因みに、その右手を骨折したのは小学校3年生の運動会の直前でした。

好奇心が旺盛だった・・・というより、ただのバカだったのだと思います。
小学生の時は、本当に毎日生傷の絶えない子供でした。
でも、どんな怪我をしても泣かなかったらしいです。
我慢強いというか、負けず嫌いというか。

喧嘩もしょっちゅうしていました。
と言っても、友達とは殴り合いの喧嘩は殆どしていません。
空手を習っていたので、素人に手を出す事は禁じられていました。
まぁ、習っていなくてもよくありませんが。
代わりに、兄弟喧嘩は凄まじかったです。
うちの兄弟、男ばかりの4兄弟で、歳も全員近かったので。
更に、全員空手を習っていました。
特に一つ下の弟とはしょっちゅう殴り合っていました。
実家の風呂場は作りが特殊で、何故か外から鍵が掛かる様になっていたのですが、弟と風呂の中で喧嘩して先に上がった弟に外から鍵を閉められました。
逆上した僕は、風呂のドアを思いっきり蹴りました。
ドアのガラスを粉砕し、僕は右足の踵をバッサリ切りました。
その傷跡は今でも残っています。

そんな兄弟達ですが、今では周りが羨む程仲が良いです。
年末実家に帰ると、今でも兄弟揃ってゲームしています。
昔は思いませんでしたが、今はこの兄弟達が居て本当に良かったと思っています。

そんな少年時代。
右足の踵の他、消えない傷跡は数多くありますが・・・まぁ、男の勲章という事で(笑)

あと、八王子のえなっちゃんの下に僕らしき人物が現れた件に関して。
・・・ふふふ、バレてしまったなら仕方無い。
そうさ。えなっちゃんの事が気になり、八王子に潜伏していた訳あるかーい!!
この数日。昨日の稽古まで、毎日バイトと執筆の為荻窪から出てないっちゅーねん。
殆ど軟禁状態でしたわ。
という訳で、恐らくそれは僕の生霊です。
「外に出たい」というのと、メンバー達が好き過ぎるという僕の想いが生霊となって現れたのでしょう。
きっと本当は、他のメンバー達の下にも現れていたのでしょうが、気付いたのがえなっちゃんだけだった。
ほら、振り向いてごらん。
きっとそこには、僕の生霊が・・・。

はい、今回はこの辺で。
お次は薫姐さん好きだーっ!
じゃなかった、バトンお願いします。
ではでは、マチャキでした。
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

テーマは幼いころの最初の記憶じゃなかったっけ?

No title

だいぶ遅いコメントで見てもらえるかわかりませんが・・・。

その言葉、兄弟たちに聞かせてあげたいよ^^
ちなみにもうすぐ私も兄弟の仲間入り♪
いつかみんなでまさきの舞台を見に行けるように、頑張ってお金貯めます(≧ω≦)b
このページのトップへ
このページのトップへ