TEAM JACKPOT OFFICIAL HP


http://www.team-jackpot.com/


★★★第15回公演★★★

『飛べない生き物』


【公演日時】2017年12月15日(金)~17(日)
  15日(金) 16日(土) 17日(日)
14:00
19:30

【チケット】前売券 (一般):3500円/(高校生以下):2000円
[チケット予約受付中]

【会場】新生館スタジオ
【アクセス】東武東上線「中板橋」駅 徒歩4分

【お問い合わせ】jackpot2010@live.jp
コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

4話

洋介&由加『!?』

?『お~い!お~~~~〜〜〜〜〜〜い!』

洋介『今、声がしたよね?』

由加『はい!しました。』

洋介&由加『こっちの方から!!』

お互い別々の場所を指差す洋介と由加

洋介『なっ。何言ってるんだよ!声はあっちの山の方からしただろ?』

由加『いやいや、絶対向こうのジャングルの方から聞こえました!!』

洋介『いや、絶対って。(見た目はほんわかしてんのに意外に気強そうだな・・・。しかもあんなTバックを・・・悪くない。)』

ついついニヤける洋介

由加『どうしたんですか?』

洋介『あ、いや、すみません。もうしません。』

由加『え?何がですか?(何、この人、せっかく会えた人なのにちょっと変かも。変態だったらどうしよう!)』

洋介『あ!と、とにかくさ、確かに二人とも“ナニカ”の声を聞いたのは間違いなさそうだからさ、一緒に調べてみる事にしない?』

由加『・・・そうですね。このままずっと二人だけよりかはいいかも。』

洋介『え?』

由加『いえ。なんでもありません。』

洋介『じゃあさ、とりあえず、君が声を聞いたっていうジャングルに行ってみよっか。』

由加『はい。でも何だかちょっと怖いですね。すごく低い声だったし、獣かなにかだったら・・・。』

洋介『え?・・・いや、聞こえて来たのは女の人みたいな声だっただろ?』

由加『何言ってるんですか!あんな低い声の女の人なんて絶対いるはずないですよ!オカマじゃあるまいし!』

洋介『(あ、また絶対って言った。)・・・う〜ん。君がそういうなら、そうなのかなぁ?ほら、俺、今さっきやっと状況飲み込めたっていうか、多分先に意識がはっきりしてたのは君の方だから。』

由加『あ、なんか考え押し付けちゃったみたいになっちゃいました?すみません。私いつもこうなんです。つい、自分の気持ちを押し付けちゃうっていうか、なんていうか・・・。』

洋介『いいよ。大丈夫。』

由加『ほんとに?』

洋介『うん。(やべ。上目遣いかわいい。)』

由加『よかった♡』

洋介『(ズっキューン♡)』

微笑み、見つめ合う二人

?『ちょっと!』

洋介&由加『わっ。』

声のする方をみると、そこには一人の女が

?『そいつ、男だかんね。』

洋介『へ?』

由加『由加ちゃ〜ん。生きてたの?会いたかった〜!!』

?『どうだか。早速人の名前語ってたじゃん。あんた。』

洋介『え?え??ど、どういうこと??』

?『あたしが本当の笹元由加。こいつは笹本倫太郎。あたしの腹違いの兄?姉?ま、オカマよ。』

洋介『嘘だろうがっっ!!』

由加(本物)『本当だっつの。ホラ。』

パスポートを見せる由加

洋介『まじかよ!なんかはじまっちゃうよ〜って思ったとたんにそれかよ!なんなんだ!も〜!!』

倫太郎『由加ちゃんごめんなさい。一生懸命捜したんだけど見つからなかったから、せめて由加ちゃんの意思を継ぎたくて名前を・・・。』

由加『あんたでしょ?あたしを砂の中に埋めたの。おかげで出るのに一苦労したわ!』

倫太郎『生きててよかった!』

由加に抱きつく倫太郎

由加『あ〜もういいわ。あんたはいつも強引なんだから。・・・で、どうすんの?あんたたちも聞いたんでしょ?あの変な声。』

洋介&倫太郎『聞いたっ!!』

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ここから新澤○○

洋介『なんだか、苦しそうな声だったな』
倫太郎『うんそうね、あたし、こわい』

洋介、由加『・・・』

由加『とにかく行ってみましょ』

洋介、倫太郎『うん。』

  森の方へ歩く3人

洋介『ダメだ、全然思い出せない』

由加『なにが?』

洋介『どうしてこんな事になったのか、座礁だったか?頭をぶつけてたみたいで、いたいわ。(頭を触る)』

由加、倫太郎『・・・・・・』

倫太郎『何も覚えてないの?』

洋介『うん、え?二人はなんか覚えてる?どうしてこうなったか。』

由加『ね!あれ見て!』

木に引っかかっているシャツ

洋介『シャツだ!・・・血、血だらけだ、同じ船に乗っていた人のかな?ん?バックが置いてある。』

倫太郎『開けてみよ!』

洋介『うん。あ!』


ーーーーーーーーーはーい!ここまで!


お次はユッキーよろしゅう!

新澤でしたー!
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。