TEAM JACKPOT OFFICIAL HP


http://www.team-jackpot.com/


★★★第15回公演★★★

『飛べない生き物』


【公演日時】2017年12月15日(金)~17(日)
  15日(金) 16日(土) 17日(日)
14:00
19:30

【チケット】前売券 (一般):3500円/(高校生以下):2000円
[チケット予約受付中]

【会場】新生館スタジオ
【アクセス】東武東上線「中板橋」駅 徒歩4分

【お問い合わせ】jackpot2010@live.jp
コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

リレー台本続き!!

こんにちは。ちゃです。
是永先輩はいつも言う。
「やっぱり、何におもむきを置くかっていうのが大事で・・・・。」
「おもむきを置くところが・・・・。」

ちゃ(そこは、おもきだろ。重きと書いておもきだろ。まあ、いっか、一字しか変わんないし。方言みたいなもんってことにしておこう。)

何日間かスルーしていたが、是永先輩は、会うたびに言う。
「私たちがおもむきを置いているのが・・・。」
「おもむきを置いているものの違いで・・・。」

ちゃ(ダメだ。やっぱり気になる。趣きて。そこに、風情とか情緒とかいらんだろ。)

ちゃ「あのさ、前から気になってたんだけどさ、おもむきって言うの間違ってない?重きを置くっていうのは、重要なものとして扱うってことだから、重いの重きだと思うんだけど。」

先輩「え?そうなの!?早く言ってよう。」

是永先輩曰く、「あんたの遠慮がちの訂正は、余計に人を傷つける。私って、本当に馬鹿だなって思えてくる。マツコは、笑い飛ばしてくれるから、楽だ。マツコのフォローの仕方を見習って欲しい。」

反省しました。これからは、「ちょ、ちょ、ちょ、ちょちょ。今自分、なんて言うた?なんて言うた?ちょう、もっかい言うて。お願いもっかい言うてて。」
こんなテンションで訂正したいと思います。
でも、是永先輩に一言言いたい。
「言葉は、意味で覚えたほうが楽だよ。」


じゃあ、リレー台本続き、いっくよー。



由加「なに?」

勉「この、洋介さんが乗ってきたボート、定員3名って書いてますね。これに誰かが乗って脱出し、助けを呼ぶんですよ。」

洋介「そ、そんな。ここがどこかもわかんないのに、そんな危険なこと・・・。それより、ここで火を焚いたりとか、大きい布にSOSとか書いて、空からの救助を待ったほうが・・・。」

勉「それもいいですね。でも、この島についてから、飛行機が飛んでいるのを一台も見ていません。それで助かる確率は低い。空からの救助を待ちながら、誰かがビニールボートで助けを呼びに行った方が確実です。」

洋介「でも、この大海原にビニールボート・・・。そんな危険なこと、誰が・・・。」

倫太郎「こわーい。女子には無理ー。今、男、三人いるんだから、二人はボートで助けを求めに行く、二人はこの島で女子を守るって感じにしない?」

洋介「お前な・・・。」

父「私たち家族は、危険な目に遭うのは嫌だし、寝起きでちょっとだるいので、この島で休んでいます。みなさんの誰かが、行って来てください。申し遅れましたが、私、田中太郎と申します。こちらが長男の一郎、長女のニ子です。」

洋介「はあ、よろしくお願いします。なんか丁寧だけど、ものすごい図々しいこと言ってますね。」

倫太郎「これ、定員三名でしょ。ちょうど三人なんだから、あんたたち家族が行きなさいよ。」

一郎「私たちには無理ですね。水分と食料がどのくらいあるのかもわからない現状で、無駄なことをして、体力を消耗している場合ではない。」

倫太郎「それはみんなそうだっつーの。あんたが、一番、老い先みじけーんだから、あんたが行けよ、おっさん。」

由加「倫太郎!!」

太郎「いやあ、年寄りの身に無理は堪えますなあ。」

と、そこに、川上から、赤い帽子が流れてくる。

洋介「ん?なんだこれ?」

勉「あ、これは!?」

洋介「ん?」

勉「煎餅をくれたおばさんが被っていたものと同じものの気がする。」

洋介「そういえば、さっき、一人になったとき、道にこのせんべいが点々と落ちてて、それを追いかけていったら、おばさんの赤い服が木に引っかかってた。」

勉「おばさんの身に何かあったのかな。」

由加「例えば、だれかにさらわれて、手がかりのためにザラメを落としていったけど、途中で殺されたとか?」

倫太郎「てことは、この島に殺人犯がいるってこと?」

太郎「寝起きのだるさがだいぶしっかりしてきたので、私たち家族が、助けを呼んできます。」

ニ子「みなさんはこの島で待っててくださいね。」

由加「あんたら・・・。」

倫太郎「私行くわよ。ビニールボートだから、あんまり、重い人は無理でしょ。」

洋介「俺が、さっきまでこれ乗ってたんだから、おれが一番操縦うまいはず。俺が行く。」

一郎「いやいや、やはり、僕たち家族が・・・。」

洋介「離せ、俺のボートだ。」

勉「人間見たわー。人間見た。」

と、突如、森の方からガサガサと物音がする。

洋介「ん?なんだ、この音は。」
由加「誰か近づいてくる?」



終わりー。次は、マチャキ先生おねがいしまーす。

ちゃ











スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。