TEAM JACKPOT OFFICIAL HP


http://www.team-jackpot.com/


★★★第15回公演★★★

『飛べない生き物』


【公演日時】2017年12月15日(金)~17(日)
  15日(金) 16日(土) 17日(日)
14:00
19:30

【チケット】前売券 (一般):3500円/(高校生以下):2000円
[チケット予約受付中]

【会場】新生館スタジオ
【アクセス】東武東上線「中板橋」駅 徒歩4分

【お問い合わせ】jackpot2010@live.jp
コンテントヘッダー

ロックンロール!!

ハロー、チャックよ。
え?男が好きなの?女が好きなのって?
美しいものはみんな好き。男とか女ってなんか関係あるの?
ジェンダーの解放が真の自由を作るのよ!
なぜ男の私がこんな格好をして化粧をするのかって?
人は美しいものに惹かれるでしょ?
人生はイメージよ。より美しいイメージを描けた人の勝ちなの。
ロックンロール!!

さあ、マックからの依頼のリレー台本書くわよ。

タイトル「タイムマシーンとロックンロール」

ムック・・・本名村田イサム オカマの科学者
マック・・・本名松岡まさお オカマの科学者


ムック「・・・ついに完成・・・。」
マック「こ、これで、私たちの夢、ううん、人類の夢、時間旅行が現実になるのね。」
ムック「ひゃだ。恐ろしい・・・、恐ろしいわ。私たちは、ついに神を冒涜してしまった。」
マック「だってしょうがないじゃない。私たちは・・・、天才なんだもの。」
ムック「そうね。」
二人「ぎゃはははははははは!」
マック「ねえ、ちょっと実験してみない?試運転よ。」
ムック「は?あんた何言ってんの?これは時空間開発機構に提出して、まずはモルモットを入れての自動操縦をするって決まってるじゃないの!!」
マック「だって、そうなったら、人間が入れるようになるまで、後5年はかかるわよ。しかも、、入れるのはどうせ、特殊訓練を受けた時間飛行士でしょ。一般人が入れるまでには何十年もかかるわよー。そんなことしてたら、あたし、おばさんになっちゃう!!」
ムック「ひゃだ!!ふざけないで。何十年経ったら、あんた、おばさんじゃなくておじさんだから。」
マック「お黙りなさいよ!あんたの方が誕生日3ヶ月早いんだからね、くそじじい!!とにかく、せっかく、あたしたちが開発したのに、一回も乗れないなんて、そんなの嫌よ!ねえ、明日の朝までに帰ってくれば絶対にバレないわ!行きましょうよ。」
ムック「ええ、でも・・・。万が一、バレたら重罪よ。それに、もし戻ってこれなかったら・・・?」
マック「あんたって本当、ケツの穴が小さいオカマね。そんなんだから、モテないのよ!!」
ムック「あんたみたいな男日照りのオカマに言われたくないのよ!私、行くわ。犯罪者になっても、この世界に帰ってこれなくても、構わない!!だって私は、冒険するために生まれてきたんだもの。」
マック「どこに行くの?」
ムック「決まってるじゃないの!!1970年ロンドン!!」
マック「グラムロックの生地、イカレたロックンロール野郎のための街ロンドンね!!」
ムック「そうよ!!歴史上で一番ゴージャスでセクシーで、怖いもの知らずだった、1970年のロンドンよ!!」
マック「そうと決まったら早速いきましょ。さあ、乗り込んで。」
ムック「ちょっと待って、梅干とインスタント味噌汁持っていかなきゃ。」
マック「あたしたちはロンドンにいくのよ!!そんな貧乏臭いものいらないわよ!!スコッチとフィッシュ&チップス食べるんだから!」
ムック「あんたね、今や、日本の食文化は世界に誇るものなのよ。」

オカマ、二人、ギャーギャーいいながら、「時計じかけのオレンジ」の曲で、タイムスリップする。




あたし、さっきまで、「ベルベットゴールドマイン」観てたからね。
次は、モックお願いね。

スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ