TEAM JACKPOT OFFICIAL HP


http://www.team-jackpot.com/


★★★第14回公演★★★

『怒れる人たち』


【公演日時】2017年4月19日(水)~23(日)
  19日(水) 20日(木) 21日(金) 22日(土) 23日(日)
14:00
19:30

【チケット】前売券 (一般):3500円/(高校生以下):2000円
[チケット予約受付中]

【会場】新生館スタジオ
【アクセス】東武東上線「中板橋」駅 徒歩4分

【お問い合わせ】jackpot2010@live.jp
コンテントヘッダー

お母たま

ゴールデンウイークを堪能しまくり
まくった、タイラーです。

実家に帰って遊びまくってて、ブログ書く暇がありませんでした。

すいやせんm(_ _)m

遅くなって、すやせん。

さてさて
皆様、いかがお過ごしですか?

春が来てあったかくなったなぁ
と思ったら、この暑さですよ❗️

春はどこにいっちまったんだい?
ってね。

まあ、平は夏が大好きなので、
暑いのwelcomeなんですがね。


さあ、今回のブログのお題は、
まっつんがやりやがった『母親』について。

ホントにね、恥ずかしいお題をふってくれたもんですよ。

母親ねぇ・・・
なんだろなぁ・・・

難しいな

私は、母親とは仲が良くも悪くもないって感じだったかな。
嫌いではないし、好きなんだろうけど、
好きかと聞かれると、「どうだろう?」と。

うちの母は、弱い人だったのね。
思春期の頃とか、色々自分でも制御できない頃も、受け止めてくれる人ではなかったから
頼ったり甘えたりできる人ではなかったな。

すぐ不機嫌になるから、話したり一緒に出掛けたりするのも
嫌だったし。

ま、そんな母も4年前になくなりまして、
母親の存在ってこんなにも大きかったのかと、驚愕しましたね。

今になってわかる事とか出来る事ってあるけど、
過去に戻れたとしても、きっと同じ事して、
で、後悔するんだろうなって思う。

だって、平は平だから、違う事は出来ないと思うの。

1つだけ、どうしてもやり直したい事はあるけど
そんなの思っても仕方ない、時間は戻らないから
母に「それ見たことか」と言われないよう、
精一杯出来る事をやっていくしかないかな、と思う今日この頃でございます。


こんな感じで、母にはいろんな思いがあるのですが、
そんな平の心を見透かしたような台本をもっちゃんが書いてくれました。
もうね、演じながら切なくて仕方がないですよ。

見て下さる皆様にも、きっと何かが残る作品だと思います。

来月6月17日からTEAM JACKPOT第10回公演が始まりますので
是非、劇場に足をお運び下さい。

詳細はこちら↓
TEAM JACKPOT 第10回『Mother』
作:本村聡 演出:新澤明日

(あらすじ)
余命1年を宣告された母。
自分の生きた証となるものもなく、ただ日々の日記を書き記していく事しかできない。
そんな折、忙しいと連絡の取れなかった息子がやってきてくれる。
だが、目の前の青年が息子かも分からない。
記憶が曖昧になっていく。
確かな事は目の前の息子に励まされ1日1日を大切に生きている実感を得ている事。
死を前にして息子は何を思うのか。
母は最後に息子になにを残すのか。

【日時】
6月
・17日(水)19:30
・18日(木)14:00/19:30
・19日(金)14:00/19:30
・20日(土)14:00/19:30
・21日(日)14:00

【会場】
アトリエ第七秘密基地
(東京メトロ要町駅より徒歩3分)

【チケット料金】
前売り・当日共に3000円

【ご予約】
以下のアドレスから管理者の扱いでご予約いただけます。フォームに必要事項をご記入下さい。
http://481engine.com/rsrv/webform.php?s=---

fc2blog_20150509234850705.jpg

fc2blog_20150509234930be1.jpg



ほんじゃ、お次はまちゃき
どうぞ!
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ