TEAM JACKPOT OFFICIAL HP


http://www.team-jackpot.com/


★★★第15回公演★★★

『飛べない生き物』


【公演日時】2017年12月15日(金)~17(日)
  15日(金) 16日(土) 17日(日)
14:00
19:30

【チケット】前売券 (一般):3500円/(高校生以下):2000円
[チケット予約受付中]

【会場】新生館スタジオ
【アクセス】東武東上線「中板橋」駅 徒歩4分

【お問い合わせ】jackpot2010@live.jp
コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

ラブストーリーは突然に♪

梅雨の晴れ間のお洗濯~~~♪

数ある家事仕事の中でも一番好きなお洗濯
ま、ほとんど機械がやってくれますけど、何か?

ユッキーでございます。

私のこだわっているものと言ったら
そりゃあ

洗濯物の干し方ですわよ!

とにかく、パッと見が美しくないと嫌なんですの。
皺を伸ばすのはもちろんのこと
向きは揃えて、絶対に等間隔とか、
はては洗濯ばさみの色の順番とか、

靴下は必ずセットで並べるとか
2本の竿に互い違いにバランスよく
陽が当たりやすいように
5ミリ単位で微妙にずらしたり

ま、いいかなーと思っても
やっぱり気持ち悪くて直しちゃう。

やり切った時の満足感は
本当に爽快です!

ただし~

洗濯物を取り込んだ後
それを畳むのは
ほんとに億劫でございます~

さて、
『午前零時のネモ』
絶賛稽古中でございます!

そして稽古するとお腹がすくのですわよ。
稽古場最寄りの駅近くの中華屋さんで
定食を頼んだ薫ちゃん、
ご飯が多過ぎると、もっちゃんのお茶碗に
もりもり、モリモリ、盛り盛り

てんこ盛り

なおちゃんの驚きの表情がイイですねえ!

ところでもっちゃんはダイエットちゅうでは
なかったの???
ぺろっと食べちゃうところがさすがですわ。


さて、私と須田さんとの出会いは・・・
一年前のちょうど今頃
梅雨入りしたのにカラッと晴れた夏の夕方

とあるファミリーレストラン、○○ヤル○スト
台詞でも覚えながら腹ごしらえと思い、一人で座ると
短髪の体育会系の青年が
「いらっしゃいませ」と丁寧にご挨拶。

よく見ると額に玉の汗が。
笑顔も若干引きつり気味。
「疲れているんだなあ、がんばれー」
と思わず心の中でつぶやいてから
メニュー選びー。
久しぶりの○○ヤル○スト
ここはカレーフェアが美味しかったっけ。
ん?「夏野菜カレー、十六穀米」
これ、いい!でもご飯が多いなあ。

向こうの席のファミリーに丁寧に挨拶し終えた
例の青年を呼び止め
「これご飯少なめにできますか?」
と聞くと、「ええと、十六穀米はできないと思うのですが、
白米ならできるかもしれませんが・・・」
と小声でブツブツ悩んだあげく
「少々お待ちくださいませ、きいてまいります」
と笑顔で行って、戻ってくると
「大丈夫です。少なめにできます」
と言うので、「じゃあこれで。」

あ、でも今日筋トレしたからタンパク質取りたいな。
「これ、お肉も入ってますか?」
ときいたら、額に汗した彼、おもむろに
「ちょっと失礼します」と言って
メニューを持ち上げ、顔をグッと近づけて
カレーの写真を真剣に、もう本当に真剣に
お肉がそこにあるかどうかを確認しているのです。
30秒くらいがんばったけれど、たぶん確信が持てず
こわばった、でも精一杯の笑顔で
「少々お待ちください、確認してまいります」と
再びキッチンへ。
戻ってくると少し申し訳なさそうに
「こちらはお野菜だけになるそうです」と。
あ、汗が額だけでなく、ほっぺたにも。
「うーん、でもいいかなあ。
じゃあこれでご飯少なめにお願いします」
すると彼、満面の笑顔に玉の汗を光らせて
「かしこまりました!」と丁寧にお辞儀をして
戻っていきかけた、
その時。

「君、僕もそれと同じもの
ご飯少なめにお願いします!」

私の隣りの席、手を挙げている
ちょっと渋めのいいおとこ。
あら、なんて爽やかな笑顔。

そう、それが私と須田さんとの出会いでした…


さてさて、
お次はまっつんね!
よろしくー!!
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。