TEAM JACKPOT OFFICIAL HP


http://www.team-jackpot.com/


★★★第14回公演★★★

『怒れる人たち』


【公演日時】2017年4月19日(水)~23(日)
  19日(水) 20日(木) 21日(金) 22日(土) 23日(日)
14:00
19:30

【チケット】前売券 (一般):3500円/(高校生以下):2000円
[チケット予約受付中]

【会場】新生館スタジオ
【アクセス】東武東上線「中板橋」駅 徒歩4分

【お問い合わせ】jackpot2010@live.jp
コンテントヘッダー

3月ですね。そーですね!

ムツザキです。


なんか最近、あった話でも書きたかったのですが、リレー台本を書くだけでかなりの労力を使い果たしてしまったので書きません!


次はえなっちゃんです!
あれ?まだ書いてないよね?もし、書いてたとしてももう一度ね!









続きから




秋田「彼女は………
春野「…はい」
秋田「……某国のスパイだ」
春野「あっちょんぶりげっ!?」
秋田「あっちょ…??
なんだその意味不明な言葉は!素朴な田舎者みたいな風貌をしているが、なにかの暗号か、それは!まさか、きさま、工作員だなぁ!!」
春野「あっちょんぶりげっ!?は驚きの言葉。手塚治大先生へのオマージュです。ぼくはお察しのとおり素朴な田舎者ですよ」
秋田「手塚先生…。おしい人を亡くされた
春野「それで、スパイってゆーのはどういうことですか?」
秋田「…そもそも、このアパートなのだ!なぜ、君はここに引っ越してきた!なぜ、あの大家は君を受け入れたのだ!君は君自信の命を守る権利がある。そして、私は君のような一般人を守る義務がある。」
春野「…あっちょんぶり」
秋田「あぁ、手塚先生。この素朴な田舎者を見守りください。…心して聞け。このアパートは反政府組織『アルカナイカ』の拠点なのだよ。」
春野「そんなバカな話ってないですよ!」
秋田「貴様ぁーそこはあっちょんぶりげっ!?と言うところだろう!」
春野「どうでもいいですよ、そんなことは!でもなんで、ぼくのような素朴な田舎者が入居できたんでしょうか?」
秋田「それを言うなら、なぜおれが入居できているんだ!…わからんのだ、やつらは何をたくらんでいるのだ。おれもいとも簡単に入居できたよ。そこがまた不気味だ。しかし、私は危険とはわかっていても潜入しなければならない。そして、住んで半年だ。やつらは大人しいもんさ、まったく普通に生活しているとしか思えん。」
春野「203も202も2つとも借りてて怪しまれないんですもんね」
秋田「私は203しか借りておらんよ」
春野「え?だって202から出てきたじゃないですか!?」
秋田「君はめぞん一刻という漫画を知ってるかね?」春野「むかし読んだことはあります。」
秋田「四ッ谷さんという人が出てくるだろう。五代くんの部屋との壁をくり貫いてのぞきやらをする。私は四ッ谷さんが大好きでね。202号室はそのオマージュなのだよ。202を通り201の君をのぞく。」
春野「何を言い出すんだ、あんたは!犯罪だぞ、犯罪!」
秋田「バカ者!この警察手帳が目に入らぬというのか!君をのぞくなんて冗談に決まってるだろう。全てはアルカナイカの実態を調査するためだ。分かってくれ、伍代くん。」
春野「ぼくは伍代くんじゃないだべやー」
秋田「冗談だよ、冗談。君はからかいがいのある奴だな。」
春野「もう真面目に話てくれないと怒りますよ!って、この部屋、冬月さんの部屋ですよ。こんなべらべらと話てていいんですか?あれ?冬月さんは味方ですか?」
秋田「冬月は組織の人間だ。そして、あの女。時子だっけ?あいつは私たちの味方だ。」
春野「味方のくせに名前がうる覚え?」
秋田「あいつはコードネームをころころ替えるからな。わからんのだ。」
春野「そうなんですか」
秋田「そうなんです。そして、なぜ私がこんなにもここでべらべらと喋っているかというと。君のおかげだよ。ごだ…いや、君。」
春野「春野です。ぼくのおかげとはどういうことですか?」
秋田「かねてから私は組織の内部に迫ろうと試みてきたが、やつら、何気にガードが固い。そこへきて君が入居そうそう冬月の部屋に侵入した!それにあやからない手はないじゃないか!」
春野「ガードが固い?きさくな人たちだけどな。すんなり入れてくれたし」
秋田「私が入ろうとしたら、断りやがったよ、あの女!人を軽蔑した目で見やがって。」
春野「でも、秋田さんが来ていたら、冬月さんは不信がるんじゃないですかね?」
秋田「私は不審者じゃないぞ。これが目に入らねぇってのか。君に用があったということにすればよかろうよ。そもそも、あの女、私がここに訪ねてきてもドアさえ開けちゃくれない。」
春野「まさか、部屋を調べたりしないでしょうね?やめてくださいよ。冬月さんが帰ってきたら怒られるじゃないですか!」
秋田「やっと、部屋に入れたんだ。今を逃したら二度とチャンスが来ないかもしれないだろ!」


春野(…ひょっとしたらこの人、ただの変態かもしれない…)
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ