TEAM JACKPOT OFFICIAL HP


http://www.team-jackpot.com/


★★★第15回公演★★★

『飛べない生き物』


【公演日時】2017年12月15日(金)~17(日)
  15日(金) 16日(土) 17日(日)
14:00
19:30

【チケット】前売券 (一般):3500円/(高校生以下):2000円
[チケット予約受付中]

【会場】新生館スタジオ
【アクセス】東武東上線「中板橋」駅 徒歩4分

【お問い合わせ】jackpot2010@live.jp
コンテントヘッダー

桜咲いたら1年生

春よ~♪ 遠き春よ~♪

先週あんなに綺麗に咲き誇っていた桜も
今ではもう葉桜になってしまいました。

葉桜って、見ているとなんだか物悲しくなってきますね。

私の通っていた小学校の裏には
桜の季節には、山全体が桜色に染まる程
沢山の桜がありました。

とても綺麗で、桜の季節が来ると
うきうきと心が弾んだものです。

その山には小さな公園と動物園があり
3月中旬から4月中旬まで出店が並び、
初日には花咲か爺さんも登場し、毎日がお祭りのようで
毎日友達と山に行っていました。





そんな桜の時期から遡る事、約2ヶ月。

時は1996年2月14日 バレンタインデー

私には小学1年の時からずっとチョコを渡し続けている男の子がいました。
同じ小学校、同じ中学
ずっと遊び仲間で、ずっと、きっと好きだった人。

いわゆる「初恋の相手」なわけですよ。

ずっと友達だったから
その関係を壊したくなくて、好きという気持ちに気付かない振りをしていました。

しかし
中学生にもなると異性を意識し始め
一緒に遊ぶことも少なくなっていきました。

それでも中学2年までは
バレンタインのチョコを渡してたんですよ。
小学生の頃は、おうちにもよく遊びに行ってたので
おうちまでチョコを渡しに・・・


でも
中学3年のバレンタイン


私はチョコを渡しに行けませんでした。


好きだって

このチョコは本命チョコだって

自分でそう思ったら、渡しに行けませんでした。


チョコは用意してあったんです。


でも、無理でした。


相手は義理だと思っても
私は義理チョコとしては渡せなかった。

本命で渡したかった。

でも、その勇気がなかった。






結局、用意していたチョコは
渡せないまま、ゴミ箱へと消えました。




それから1ヶ月

クラスが違ったのと、受験やなんかで
その子と話しをする機会どころか、顔を見る事も殆どありませんでした。

ところが、偶然町中で会い、久しぶりに話しをしていたら
その子が
「そういえば、今年チョコくれなかったね」
て言ったんです。

私は「そうだね」としか言えませんでした。

何でそんな事を言ってきたのか。
特に意味は無いのか。
それとも毎年楽しみにしててくれたのか。


私の事、少しでも気にかけててくれていたのか・・・


聞きたくても聞けない。



でも、聞けなくても

話しを出来る事が
一緒に居られる事が

ただ嬉しかった。

そんな15歳の頃の思い出です。






『甘酸っぱい春の思い出』
って無くて、ちょっと季節ずれちゃった(^ ^;)
それに【甘酸っぱい】ていうより【ほろ苦い】かな?

お題とずれちゃってごめんちゃい




最後に

桜の後の毛虫には気をつけろー
奴らは頭上からやって来る!!!




じゃあ次はえなっちゃん
好きな季節はいつですか?教えてね



今日もキリッと参ります!
タイラーでした
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私もタイラーのカレー食べて
元気つけたかったな
このページのトップへ
このページのトップへ