TEAM JACKPOT OFFICIAL HP


http://www.team-jackpot.com/


★★★第15回公演★★★

『飛べない生き物』


【公演日時】2017年12月15日(金)~17(日)
  15日(金) 16日(土) 17日(日)
14:00
19:30

【チケット】前売券 (一般):3500円/(高校生以下):2000円
[チケット予約受付中]

【会場】新生館スタジオ
【アクセス】東武東上線「中板橋」駅 徒歩4分

【お問い合わせ】jackpot2010@live.jp
コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

「もしTJPがAKB的な国民的アイドルグループだったら。」7人目

こんばんは、増田薫です。

TJPがアイドル?

アイドルに年齢は関係ないのかしら?

だったらうれしいな♪

さっそくリレー台本いきま~す!



----------------------------------------------
「もしTJPがAKB的な国民的アイドルグループだったら。」

【登場人物】
 TJPメンバー
----------------------------------------------
西武ドームでのライブが近いTJP。
今日はレッスン。
新澤さん入ってくる。

新「おはよう!」
平「にいおはよー。」
新「今週末はついに西武ドームでライブだなぁ!」
榎「ですねー。緊張するー。」
新「今日のレッスンは気合入れていこうな!」
松「センターはア・タ・シで決まりよ~。」
是「ちょっと待ちなさいよアンタ!センターはこのわ・た・しでしょ!」
長「まあまあ。センターは神3がやるって決まってるじゃない。」
是「せんぱぁ~い!そうよ、当然ですわ。」
松「神3なんて許さないわ!」
是「負け惜しみね。松岡さん(笑)」
松「いじめたいわ、この子。」
平「てか、まっつん。なんでオカマキャラ?」

部屋の奥でモンハンの音がする。
増田さんが近づいていく。

増「まだやってんの?朝からずっとじゃん。」
六「いいだろ別に。」
本「薫ちゃんもどう?」
増「いや、やらないやらない。見てるだけでいいや。」
末「楽しいですよ。」
新「んじゃー俺もやろっかな。みんないるし。」
平「にいもやるの?じゃああたしも。狩り狩り~♪」
松「おれもやるー。」

次々とモンハンをやりだすメンバー。
池田さん入ってくる。

池「おはようございますー。あら!またやってんのこの人たち。」
増「そうなの。飽きないよねー。」
池「あ!そうそう。お菓子買ってきたから皆で食べましょ。」
是「わーい!ありがとうございます!」
榎「いただきまーす!」

突然泣きながら立ち上がる長谷川さん。

長「ちょっと!みんな!」

皆一斉に長谷川さんを見る。

新「…ちゃ、どした?」
長「みんな、ちゃんと、やろうよ!レッスンなんだよ、今日!!こんなんじゃ、ダメだよ!」
末「…そうでしたね。ちゃあさんすいません。…や、りま、しょうか。」
長「なんでぇ、みんなぁ、ちゃんとやってくれないのぉぉ。(大泣き)」
増「ごめんごめん!やろうよ!」
長「分かってくれたならいいの。(泣きやんでいる)」
六「切り替え早いな(笑)」

六 「じゃあ、ちゃが泣き止んだし、次はアルバトリオンに行くか!」
末「アルバトリオン、激萌え!!」

みんな(…あれ?こいつ、こんなキャラだっけ?)

末「ぼくがみんなを回復させますから、安心して斬りにいってくださイビルジョー」

みんな(…あれ、こいつ、いつも以上にさむいな。)
モンハンに熱中する4人とは別に

池「はい、今日のエサはエクレアよー」
榎「…おいしそー」
増「…ねぇ、おいしそー」
池「あなたたちみたいな平民は食べたことがないでしょうから、わざわざ買ってきてあげたのよ、西武で。」
榎「…わぁ、ありがとうございますー」
増「…ねぇ、エクレアなんて食べたことないよねぇ」
榎「そうですよね、シュークリームにチョコがかかってるみたいなね」
増「ねぇ、まったくしらなかったよねぇ」
池「そうでしょう、そうでしょう」

2人(…イラッ)

そんな中、長谷川をリーダーにダンスのフリを確認してたその他の人びと

長「ハイッ、1エン2エン3でターン、腰を回して、パドブレ、ポーズ!あっ!?」
是「どうしたの?姐さん?」
長「…複雑骨折」

是「ええ?姐さん、大丈夫なの?」
長「ん(メ・ん・)?ちょっと大丈夫じゃないかも。」
本「ちょっと・・・。」
長「てかめっちゃ痛い、死ぬほど痛い。死ぬ、死ぬ、私死ぬ!」

池田、長谷川に近寄り、

池「まあ、ちゃっちゃん、大変ね。普通なら、平民は行けないけど、私が頼めば大丈夫よ!今すぐ慶應義塾大学付属病院に行きましょう。」
長「・・ゆっきーありがとう。でも、私がいないとTJPは成り立たないもの。センターの私がいなきゃ。」
平「何言ってるの、複雑骨折なんでしょ?早く病院行った方がいいわよ。」
松「そうよ、そうよ。センターは誰かが代わりにやるから(ニヤリ)。」
長「だめよ、そんなの。私のこと待ってくれてるファンがいるんだもの、死ぬほど痛いけど、私、歩けなくなっても、今週末のコンサートには出るわよ。」
松「いいのよ、いいのよ。本当にそんなに無理しなくてもいいんだから!」
長「このピンチ、乗り越えるっきゃない!」
是「姐さん、かっこいい!」
末「何言ってるんですか!とりあえず、ライブに出るかどうかは別にして、今日のところは病院に行った方がいいですよ。行かないと、一週間、死ぬほど痛いままですよ。」
長「そうか・・・。」
池「さあ、早くうちのマジェスタで行きましょう。」
長「(イラッ)ゆっきー、本当にありがとう。」

長谷川、池田の肩を借り、二人去る。

増「あの人って本当にいい人なんだけどね・・・。」
榎「ねえ・・・。」

と突然、池田が駆け込んできて、

池「いけないいけない、鍵を忘れたわ。ん?なんか言った?」
増榎「いえ!」
池「そう。ならいいのよ。じゃあ、いってくるわね。」
全員「らっしゃーい。」
池田、去る。
増榎「ふう。」
松「ばーか、複雑骨折でライブに出れるわけないっつーの!ケケケ!」

松「これで、あたしのセンターは決まったわね!」
是「ちょっと待ってよ。姐さんがセンターをはれないなら、
  順番から行って、わたしがセンターになるはずでしょ!」
榎「ちょっと待って下さいよ。神3がセンターでしょ!
  て事は、私でもいいんですよね。」
是「あんたみたいなお子ちゃまに、センターはまだ無理よ。
  わたしに任せなさい。」
松「待ちなさいよ。センターはあたしって言ってるでしょ!」

センターは自分だと主張し続ける3人

増「あんた達うるさい!!!」

松是榎「Yes, ma'am!」

増「とにかく、ちゃあとユッキー居なくなったけど、レッスン進めるよ。
  そこのモンハン馬鹿共もこっち来る!」

新本六末「Yes, ma'am!」

増「西武ドームでのコンサート近いんだから、気合い入れなさいよ!」

皆「Yes, ma'am!!!」

増「じゃあ、振りを確認するから、みんな並ん・・・んぐ!」
榎「薫さん、どうしたんです・・ぐはっ!」

突然苦しみ出す2人

新「2人ともどうした!」
六「夕起ちゃん、大丈夫?」
本「こらっ、マチャキ!3DS開かない!」

心配そうに駆け寄る一同
そこへ

池「あらあら、こんどはどうしたの?」
皆「ユッキー?!」
平「ユッキー、早かったね。」
池「そう?車飛ばせばこんなもんよ。
  それで、この2人どうしたの?」
末「何か、よくわかんないんですよ。急に苦しみ出して。」
池「あらあら、それはいけないわね。早く病院に連れて行かないと。
  さあ、早くうちのマジェスタへ。」
六「わかった。」

榎並を抱えようとする六ツ崎

平「ムツ、ストップ!
  そんな下心見え見えのやらしい顔してえなっちゃんに触らないで!」
是「そうよ、そうよ。」
六「なんだよ、それ?」
平「ニイともっちゃん、車まで運んであげて。」
新「おう。」
本「おいらに任せるもきゅ。」

池田、増田、榎並、新澤、本村、去る。

心配げな一同とは離れ、1人部屋の隅で

松「ケケケ、これで3人消えたわ。」

松「さ、じゃあ今残ってんのは誰?」
是「あたしと、平おねーさまとマチャキングです。」
末「ん?・・・ちょっと待ってクレソン。何か事件の匂いがしませんカヤンバ?」
松是平「!?」
平「い、一体何を言い出すの?まさか、犯人はこの中にいるとか言わな・・」
末「(食い気味で)犯人はこの中にいるびじょー!!」
松是平「!?」
松「・・・今、噛んだよね?」
末「(食い気味で)イビルジョー!!!」
松「あ、言い直したのね。」
是「もー訳分かんない。大体マチャキの王様マチャキングって何?」
平「今、マチャキングの由来の話はしてないでしょ。」
末「僕が思うに、これは計画的犯行と言えます。第一の犯行、ちゃさん複雑骨折事件・・・は置いといて、」
松「うわー。いきなり置いたー。」
末「第二の犯行、増榎食中毒事件です!!」
是「食中毒!?」
末「そう。あの二人には共通点があります。それは・・・」
松是平「(ゴクリ)」
末「エクレアを食べたんです!!!」
松是平「・・・。」
松「いや、そんなためて言う程の事じゃなかったよね。」
是「うん。みんな知ってたし。」
平「バーロー」
末「とにかく、あのエクレアを用意した人が犯人なんです!!」
松是平「!?!?」
是「普通にユッキーさん一択でしょ?」
平「ちょっと待って!でも、マチャキは、犯人はこの中にいるって言った。」
松是「・・・。」
末「それは言葉の綾です。」
平「テメー。ふざけんなよ。このクソ野郎。」
是「まあまあ平おねーさま。落ち着いて。あたしがあいつの自慢のカー君ヘアを毎日ちょっとずつスキバサミできってやりますから。」
末「それだけはやめてクレソン。アイドルのセンターって言ったらカー君に決まってるんです!」
松「やっぱりあんたもセンター狙ってたのね。」
池「センター狙ってナンボのもんでしょ!!」

四人振り返ると、そこには池田、新澤、本村が戻ってきていた

池「こちとらあんたらが豆粒みたいな時からアイドル観てきたんだよ。山●百恵、松●聖子、松●亜弥アイドルはソロで売れてナンボ。こんな集団の中に居るんならセンターじゃなきゃ意味がないんよ。センター、いやソロになる。あたしはその為なら何だってする。そう、そしてその最終兵器がこれ。」
松是平末「ま、ままま、まく、!?」
本「あ、幕の内弁当じゃん。」
新「お、おいしそ~。」
池「男の心を掴むには胃袋を掴むのよ!!!」
平「じゃあ、やっぱりこれまでの事件もユッキーが??」
松「あれ?っていうかそういえばムツは?」

部屋の中を見渡すと、六ツ崎が部屋の隅の方で倒れていた。

松「ムツ!どうしたの!?」
六「おらぁ、もう駄目だぁ。」
末「ムツさん!そうか、今の間に誰かに何かされたんですね?誰ですか!誰にやられたんですカヤンパ!?」
六「夕起ちゃんがいねぇなら、おらはもう力が出ねぇだ。」
松是平「(・・・なんだ、ソレか。)」
末「ムツさん、しっかりして下さい!」
六「みんな、後の事は頼んだ・・・。」
末「ムツさーーーんっ!!」

六ツ崎、寝る。

末「くそ・・・ムツさんまでもが犠牲になるなんて。」
平「いや、ムツはただ、えなっちゃんがいなくなってやる気が無くなっただけでしょ。」
末「やはり犯人はこの中にいるびじょ、イビルジョー!」
平「だから、ムツはえなっちゃんがいなくなったから・・・。」
末「ムツさん、貴方の為にも、そして犠牲になっていったメンバー達の為にも、必ず僕が犯人を突き止めてみせます!」
平「・・・。」
末「そう!バッチャンの名に掛けー」
平「少しは人の話聞けやコラボケカス!」
末「ぐはっ!」

末松、倒れる。

平「・・・あらやだ、私ったらつい。」
是「ついに本性を現しましたね、平おねーさま。いや、アイアンメイデン・平!」
平「誰が拷問器具よ!」
是「いくらマサキちゃんがウザ・・・じゃない、一昔前のアイドルっぽくてほんのミジンコ程度でもセンターになる可能性があるかもしれないからって、まさか直接手を下すなんて。」
末「・・・う、凄い言われようじゃないカヤンパ。」
平「いや、マチャキにそんなにダメージは加えていないわ。軽く撫でただけだもの。まだHPは残ってるわ。」
末「完全に瀕死状態なんですけドラゴン。」
是「軽く撫でただけ?マサキちゃんは華麗に空を舞ったじゃないですか。それにダメージとかHPとか、ゲーム用語を普通に使わないで頂きたいですわ。ヤダヤダ、これだからゲーマーは。」
平「ゲームやアニメを舐めんじゃないわよ!それに私達アイドルを支えてくれてるのは、ヲタクな方達が多いのよ!」
是「別に一般のファンの方達もいっぱいいらっしゃいますわよ!ヲタクが全てじゃないのよ!」
末「ちょっと待ってクレソン。そもそも僕はマサキちゃんじゃなくて、マチャキさんを一回噛んだだけだと・・・。」
是「アンタは黙って寝てなさい!」
末「ごふっ!」

末松、力尽きる。

是「・・・あらやだ、私ったらつい。」
平「是永、あんたもマチャキにトドメを刺してるじゃない。」
是「これは・・・そう、マサキちゃんが貧弱過ぎただけですわ。私は軽く撫でただけですもの。」
平「私と同じ事言ってんじゃないわよ!」
是「とにかく、センターは私なんですからね!先輩は後ろの方で引き立て役をお願いしますわ。」
平「小娘が。たかが一回エセヒロインをやったからって調子に乗ってんじゃないわよ!真に必要とされている、TJPのTHE・ヒロインは私。つまり、センターも私で決定なのよ!」
是「エセヒロインじゃないです、ちゃんとヒロインやりました!それに、メイデン・平さんはそろそろ御年がねぇ?今が絶頂期の私なんかと比べると、勢いってものが。」
平「ハッ?ケツの青いあんたなんかには荷が重いってもんよ。それに、ヒロイン気質も無い輩がセンター張るなんて、ヘソが茶を沸かすわ!」
是「何ですって!?」
平「何よ!?」

是永、平、延々と言い合う。
それを見ながら新澤、本村は幕の内弁当を貪っている。

新「何か、混沌としてきたなぁ。ねぇ、もっちゃん?」
本「もきゅ?」
新「そろそろ座長として、この場を締めるべきかなぁ。ねぇ、もっちゃん?」
本「もきゅ。」
新「・・・とりあえず、この幕の内弁当をたいらげてからにしますか。ねぇ、もっちゃん!」
本「もっきゅ!」

それを更に遠巻きに見ている池田。

池「・・・ふっ。若いわねぇ。」
松「ゆっきー。これは全部あなたが仕組んだ事なの?」
池「まっつん!いや、松子!?」
松「マチャキの推理じゃないけど、増榎が体調を崩したのはゆっきーのエクレアを食べた直後だったわ。そしてマチャキの性格を考えると、勝手に探偵ごっこを始めるのをゆっきーは読んでいた。そのマチャキがウザくなって、平辺りが手を下す事まで読んでいたんじゃない?一番抑えるべき座長のニイともっちゃんは、胃袋を掴む事で掌握してる。違う?」
池「いや、全然違・・・」
松「とぼけないで!」
池「松子。」
松「確かに、皆でセンターを奪い合って競い合うのは悪い事じゃないと思うわ。でもね、こんな醜く争うのは違うんじゃない?私達は全員で一つのチーム。誰が欠けても駄目。それが今のTJPじゃない!『俺の事は嫌いになっても、TJPの事は嫌いにならないで下さい』かつてそう言ったニイの言葉は、とても大切な想いの筈よ?今週末のライブだって、皆で力を合わせないと最高のものにはならないわ!」
池「マツコ。」
松「思い出して頂戴、ゆっきー。あの頃の大切な気持ちを。」
池「・・・そうね。ちょっと大人気無かったわね。皆の闘争心に当てられて、少し周りが見えなくなっていたわ。ごめんなさい、マツコ。」
松「ううん。良いのよ、分かってくれれば。ゆっきーなら分かってくれるって信じてた。」
池「マツコ・ミニマム。」
松「(ケケケ。ゆっきーは情に訴えれば楽勝だと思ってたわ。さて、人数も半分近くになってきた事だしそろそろ終盤戦ね。センターはあたしのものよ!ケーケッケッケ。)」

是永と平は言い争いをまだ続けている―。

池「さっ、自主練!自主練!頑張っちゃうわよぉ~♪」
松「あっ、ゆっきーそこの振り、右じゃなくて左よ!逆、逆♪」
池「あらそうだったかしら。イヤだわぁ~私ったらなかなか覚えられなくて・・・。エヘっ♪マツコ、教えてくれてありがとう!」
松「(イラッ!何がエヘっ♪よ)どういたしまして~ゆっきー♪」

新「あ~食った食った!旨かったなぁ幕の内!ね、もっちゃん!」
本「もきゅっ♪」
新「腹も一杯になったし、レッスンするか!」
本「もきゅ~~!」
新「ほら、平と是永も、いつまでも争ってんじゃね~よ。いい加減にしろって!レッスンするぞ!」
本「もきゅ~!もきゅもきゅもきゅぅ~!」
平是「もっちゃん・・・!」
平「もっちゃんがそこまで言うなら。ねぇ?」
是「う、うん。なんか、ごめんなさい。」
平「いや、わたしの方こそ、ごめん・・・。」
本「もきゅっ♪」
平是「もっちゃ~ん♪」
平と是永もっちゃんに駆け寄り、もっちゃんに包まれる。
新「俺の言葉は無視かっ!」
松「(チッ・・・。)」
新「・・・まぁ、何はともあれ平と是永も和解したみてぇだし、今ここにいるメンバーだけでもレッスン始めようぜ!西武ドームは今週末なんだからよ!」

誰も応えず・・・

池「1エン2エン3エン・・・あらぁ?この後こうだったかしら?あら、なんか違うわねぇ・・・」
池田、独り言を言いながら自主練に励んでいる。

平「ねぇ聞いてもっちゃん♪是永ったらさっきね・・」
是「ちょっとやめてよぉ~、そんなつもりで言ったんじゅないも~ん♪・・」
本「もきゅぅ~♪」
本平是キャッキャ♪キャッキャ♪

少し離れた所で松岡、企み顔で爪を噛んでいる。

新「おい、みんな!聞けって!おいっ!」

本村、松岡、池田、平、是永、新澤の声が聞こえていない様子―。

新「えっ・・?何これ?新しいイジメ?」

どこからか笑い声がする・・・

新「え?何?ヤダ・・・えっ?」

六「ははははははははははっ!は~はっはっはっはっはっは!はははのは!」

寝たふりをしていた六ツ崎がムクっと起き上がる。

新「・・・!?」




―――――――――――――――――――――――――――――――――


なんか・・・ごめんなさい。

お次は・・・ゆっきーお願いします♪


増田薫
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。