TEAM JACKPOT OFFICIAL HP


http://www.team-jackpot.com/


★★★第15回公演★★★

『』


【公演日時】2017年12月15日(金)~17(日)
  15日(金) 16日(土) 17日(日)
14:00
19:30

【チケット】前売券 (一般):3500円/(高校生以下):2000円
[チケット予約受付中]

【会場】新生館スタジオ
【アクセス】東武東上線「中板橋」駅 徒歩4分

【お問い合わせ】jackpot2010@live.jp
コンテントヘッダー

夏休み

んちゃ!
今週はずっと実家にいます。ちゃです。
以前このブログにも書きましたが、私の家族はほとんど私の舞台をみたことがありません。
今回は思いきって、前回公演「3Directorores」のDVDを見せてみることにしました!
まずは手始めに妹から!
妹は高校卒業後に上京し、大学卒業後、地元にUターンしています。
28才、未婚、B型。高知市内の書店に勤務。おかっぱにメガネの文化系女子です。
長谷川家で唯一、私の舞台を何度か観たことのある。
以前、「一番好きなテレビ番組は、泉ピン子のピッたんこカンカンだ。」と発言し、姉からそのギャグセンスを完全に疑われている人物。

妹「お客さん、全然笑ってないね。」
私「笑うところ、どこにもないやん。」
妹「そうか。」

全体の感想「マチャキの顔がもっと見たかった。お姉ちゃんの表情、よかったんじゃない?」
ありがとうございます。薄いながらもどちらかというと、反応がよかったので、気を良くした私は、ついに母親に見せてみることにしました。

母、50代。同じくB 型。元銀行員。生真面目で心配性。娘二人の将来が自分の夢見ていたようにいかず、最近はいろんなことを諦めている。長谷川家で一番常識的。
最近の愛読書は、凶悪犯罪の真相を追求したノンフィクションと、心の闇を覗かせる一面もあり。

母「あんたって、石田あゆみに似てるね。」
私「首の血管が浮き出ちゅうところだけやろ。」
母「そう。」
私「…。」

母「…。」
私「…。」
母「…。」
私「この二人が不倫しゆうのわかっちゅうでね?」
母「あら?そう。」

基本的な設定を全く理解していない母。

その後、お客さんが笑っているのを見て、
母「あんたの演技がおかしいから、笑われてんじゃない?」
私「…。」

私「面白かったやろ?」
母「よくわからんかった。」

わかろうとしてないじゃないか。もうちょっと意欲的に見ようとしてくれてもいいじゃないか。犯罪者の心の闇にもつ興味の半分くらい、娘の作品に興味をもってくれてもいいじゃないか。
いや、でも、親子だからって甘えてる私が悪いんだ。次は、母親がもっと興味をもって観てくれる作品を作ろう。

ええと、二人にふればいいのかな?前回のマチャキ、絶対マチャキじゃないよね?
次は、マチャキとまっつん、どんぐり二粒、お願いします!







スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ