TEAM JACKPOT OFFICIAL HP


http://www.team-jackpot.com/


★★★第14回公演★★★

『怒れる人たち』


【公演日時】2017年4月19日(水)~23(日)
  19日(水) 20日(木) 21日(金) 22日(土) 23日(日)
14:00
19:30

【チケット】前売券 (一般):3500円/(高校生以下):2000円
[チケット予約受付中]

【会場】新生館スタジオ
【アクセス】東武東上線「中板橋」駅 徒歩4分

【お問い合わせ】jackpot2010@live.jp
コンテントヘッダー

メンセカ四人目。あんど告知



遅くなりました!
ごめんなさい!
えなみです。
リレー台本書きました。


『麺は世界を救う』

[登場人物]
・オヤジ→ラーメン屋のオヤジ。オリジナルのラーメンを作るのが大好き、生き甲斐。ただマズイ。一日に客は一、二人。

・大吉→自殺しようと覚悟を決めている男。その前に美味しいラーメンが食べたいと思い店に入る

・店長→コンビニ堂店長。うさみさん。


オヤジ「…どう?」
大吉「…ぇ?」
オヤジ「…どうかって聞いてる。」
大吉「ぇ?あ、味ですか?」
オヤジ「うむ。」
大吉「いやぁ、斬新だなぁ…って。」
オヤジ「うまいか?」
大吉「……はい。うまい…です。」
オヤジ「そうだろっ!」
大吉「(マズすぎる…。)は、はい。」
オヤジ「しょうゆラーメンに冷やしトマト、バニラソースがけは誰も考えつかねぇだろうな!ハハッ!」
大吉「…ははは。」
オヤジ「おいっ!!」
大吉「はい!?」
オヤジ「お前いま麺食って、また麺いったろ!?」
大吉「ぇ?ダメなんですか?」
オヤジ「バッキャロー!!麺いったらスープ二口って決まってんだよ!バッキャロー!」
大吉「そんなの聞いた事ないですけど…」
オヤジ「あったりめーだろ!うちの店では創業45年前から決まってんだよ!ここにも書いてんだろーが!(貼紙を指差す)麺玉腐ってんのか!」
大吉「あ、ほんとだ…。すみません。」
オヤジ「分かればいいんだ。後、途中で水に手つけたりするんじゃねぇぞ!水は最後だ!最後に一気に飲み干せ!」
大吉「は、はい…。ズズズ…モグモグ。(やっぱりマズイ。全部食えそうにないぞ。でもオヤジ見てる。どうする。)」
オヤジ「あのな、ラーメンってのはな魂で食わなきゃなんねぇんだよ!お前魂で食ってるか?」
大吉「え?魂…?あ、はい…たぶん。魂は出てると思います。」
オヤジ「お前バカにしてんのか!」
大吉「あ、いや、そんなことは!」
オヤジ「麺の神さんとスープの神さんに謝れっ!!今すぐ謝らんかいっ!!」
大吉「すみません。」
オヤジ「これ以上バカにした食い方したら皿洗って明日の仕込みして帰ってもらうからな!いいか!」
大吉「…すみませんでした。(普通に食べてるだけなんだけどな。)」
オヤジ「どうした?」
大吉「あ!そういえば!急用があったなぁーなんて!あ!そうだった!そうだった!って事で僕はそろそろ…(席を立つ)」
オヤジ「おい!」
大吉「はい?」
オヤジ「座れ。………さっさと座らんかーい!!」
大吉「…はい。」
オヤジ「まだ全部食ってねぇだろ」
大吉「(…だめか。)あ!ほんとだぁー!ほんとだぁー!まだ全然残ってましたねー!あはは、僕ったら慌てちゃってこんな美味しいラーメンを!あははあはは」
オヤジ「…うむ。」
大吉「…はぁ。(ゴクリ。)……あのオヤジさん?」
オヤジ「なんだ?」
大吉「あの…実はね…、実は、このラーメンを最後の晩餐にしようと思って。ラーメン食べて…、死のうと思って来たんですよ…。でもね、でも…」
オヤジ「!?」


大吉「こんな激マズのラーメンが最後になるなんて、死んでも死にきれません!!っていうか逆に沸々と湧き上がってくるこの殺意はどうしてくれるんですか?もう、ほんとマズい、マズすぎだよ!あんた45年間何やってきたんだよ?あ、あれか?舌バカか?いや、馬鹿舌か?もう何でもいいわ。今すぐその辺の、なんだっけ?ほら、あそこのコンビニ堂でカップ麺買ってきてくれよ。その方がいくらかマシだよ。店長のウザさはあんたとどっこいだけどな。」
オヤジ「テ、テメー!!!」
大吉「あ!?」
オヤジ「……知ってるよ。あぁ知ってたさ。マズいって気付いてたさ。気付いてました!でも、45年もやってんだぞ?今更曲げらんないだろ!もうこんだけやっちゃったら歴史だろ?歴史の味だろ?おふくろの味だろ?」
大吉「いや、おふくろの味でもなんでもねーわ。」
オヤジ「あんた正直過ぎだよぉ。容赦なしだよぉ。おっちゃんこれでも強面で通ってるから、誰にも文句言わせた事なかったんですけどぉ。ガラスのハートだよ?壊れそうな物ばかり集めてしまうよ?ライオンハートだよ?」
大吉「あんた多分ライオンハートの意味分かってねーよ。つまり、ラーメンのマズさを知りながら、でも誰にも文句を言われなかったから、いや、言わせてこなかったから開き直ってクソマズいラーメンを出し続けて来た。そういうことですね?」
オヤジ「ふっ。ま、そういう風にとられても仕方な」
大吉「っつうかそうなんだよ!!」
オヤジ「はい、そうです。おっしゃるとおりです。」
大吉「ほんとしょーもないオヤジだな。もういいよ。他のラーメン屋行くよ。」
オヤジ「え!?でも、そのラーメンがうまかったら?うまかったらあんたは。」
大吉「・・・あんたには関係ないことだろ。」


オヤジ「待て……。おまいさん何処へゆく」
大吉「じゃあなオヤジ。」
オヤジ「待て!…上等だ!俺もゆく!」

二人一緒に店を出る。

大吉「ついてこないでくださいよ。つーか店どうした!?」
オヤジ「いんだよ。どうせ客なんかこねぇ。それよりお前をほっとく訳にはいかねぇってことよ。それにな、初めてなんだよ…俺のラーメンにケチつけてくれたヤツは」
大吉「…………。」

ピンポーン♪
二人コンビニ堂へ入る

店長「いらっしゃーい。あれ?大吉っちゃん?なんだなんだ、生きてんじゃねぇか!ったくー心配させやがってぇ」
大吉「…うん。」
店長「お前昨日の夜うちに来るなり、あした旨いもん食って死ぬとかなんとか…青白い顔して。冗談やめてーもぅやめてー!やーめーてーよー」
大吉「いやぁ…それがな、」
店長「お前誰だ?」
オヤジ「ラーメンこの道45年…」
店長「(食い気味)…それで今日はどうした?」
大吉「はぁ(ため息)。実は…俺は今日絶対に死ぬって決めてたんだよ。その前に旨いもん食って、最後の晩餐して、悔いも残さず死のうって。そしたらさ、そしたらさ…このオヤジの作るラーメンがくっっっっそマズくて!!」
オヤジ「なぬっ!?」
大吉「死んでも死にきれねーーーーよーーーー」
店長「待てまてーーーいっ!ていてーーーい!死ぬ前のお食事はコンビニ堂の店長さんプロデュース商品に決まってんだろ!いつも言ってんだろ!もぅばかぁホントばかぁ!」
大吉「すまん。」
店長「45年もやっててねぇ。ったく、しょーがねぇなぁ。おい、そこのオヤジ!俺が本当のラーメンってのを教えてやらぁ!」
オヤジ「え!いいのけ!?」


大吉「けってなんだよ。け って。」
店長「まずだなぁ。ラーメンてのは、スープが命なんだよ。んで、お前さんのスープは何味だ?!醤油か?味噌か?とんこつか~??」
大吉「てか45年やっててほんとのラーメン知らないのかよっ!!」
オヤジ「……醤油ラーメンに冷やしトマト、バニラソースがけ……(めっちゃ自信なさげに)」
大吉「自信作じゃなかったの?!」
オヤジ「ばっきゃろーー!おまいさんが!激マズとか言うからぁ。言うからぁ……おらのぉガラスのハート…いや!ライオンハートが傷付きまくりのがっしゃーんなんだよ!割れちゃったんだよ!」
大吉「だって不味いんだもん!」
店長「まぁまぁ。お二人さん落ち着いて。んで、そのーなんだ、醤油ラーメンに冷やしトマト、バニラソースがけ?だっけ??全然だめだ!」
大吉「ほらぁ。店長からも言ってやってくださいよ。」
店長「んー。まぁ醤油ラーメンに冷やしトマトまでは悪くない。」
オヤジ「!!」
店長「しかしなぁ、バニラソースがけってのがなぁ。」
オヤジ「良いと思ったんだけどなぁ、これが!!最近はやりの甘じょっぱーいって感じで。」
大吉「はやってないよ!」
店長「………!」
大吉「ん?」
店長「バニラソースではなく!」
オヤジ「バニラソースではなく?!」
店長「カルピスをかけるべきだ!」
大吉「……え」
オヤジ「なーるほど!カルピスか!」
店長「しかも原液のままでなぁ。へっへっへ。」
大吉「(味を想像している)…おぇ。」
オヤジ「師匠と呼ばせておくんなまし!」
店長「かまわん。なんとでも呼びたまえ。」
大吉「…ついていけない」
オヤジ「よし。もっかいそれで作ってみようではないか!」
店長「頑張れ、オヤジ」
オヤジ「じゃーそこのお前!もっかいうちの店に来い!」
大吉「………僕はただ死ぬ前にうまいラーメンが食べたいだけなのに…」
オヤジ「おぉ!そうだ!師匠!わたしはラーメンを教わると同時にこいつの自殺を止めようと思ってまいりました!」
店長「おぉ、そうか。しかしだなぁ。俺は自殺を止めるボランティアでもないし、ましてや警察でも大吉の親でもない。だから俺に言われてもだなぁ。」
オヤジ「しかし!こんないたいけな青年を見殺しにするわけには!」
大吉「いや、待って待って」
オヤジ「そんな!ひどいこと!できるわけがない!」
大吉「だから待てってば!僕は!うまい!ラーメン食べられるまでは!死ねないんですよ!」
店長「ふむ。そうか。じゃあ、お前さんはこいつに一生上手いラーメン食わせなきゃ、こいつ死なないんじゃね?」
オヤジ「!!」
大吉「お願いします。普通のカップラーメンで良いので食べさせてください。」
オヤジ「(マイムで店長に)カップラーメンなんて無いっ!って言え!こいつ引き止めて!!」
店長「…………おぉぉお。……!!あ!そうだ!大吉!あのなぁ、実はカップラーメンなんだが、ついさっきカップラーメンマニアの桂木んって人がうちに来てなぁ。カップラーメン全部買っていっちまんたんだよ。だから生憎、今コンビニ堂にはラーメンがない!」
大吉「そ、そんなぁ。」
オヤジ「ぐっじょぶ!」
店長「ふう。あれ?今俺こいつが自殺しようとすんの止めたわ。」
大吉「あの。ちょっと聞きたいんですが、なんでオヤジさんは僕が自殺するのを止めるんですか?」
オヤジ「お前に自殺されちゃこまるからだ。」
大吉「なんでですか?」
オヤジ「……それは。俺のラーメンを認めてもらうためだ!」
大吉「は?」
オヤジ「俺のラーメンをマズいとか言ったのはお前が初めてなんだよ!さっきもいったけど!だから!お前が上手いって言うラーメン作るまでずっとお前に俺のラーメン食べ続けてほしいんだよ!」




ごめんなさい。
あまり発展できず。
わー!


次は。
ともみさん!
まぁ。ね!
分かりますよね!
わかんない方は三人目のコメント見ていただければ!
ともみさんすみません。
よろしくお願いしまーす!


てなわけで告知です。
初日はなんと満席です!
ありがとうございます!
ですが、初日以降ちょこちょこ空いてますので、ぜひ!

Aga-risk Entertainnment第17回公演
『ナイゲン』
@新宿シアターミラクル

【公演日時】
9/22(土)19:30●
9/23(日)14:30● 19:30
9/24(月)14:30★ 19:30
9/25(火)19:30
9/26(水)14:30★
9/27(木)19:30
9/28(金)14:30★ 19:30
9/29(土)14:30  19:30
9/30(日)14:30

【チケット】
予約券¥2,000/当日券¥2,500
●の回は早得割引
予約券¥1,500/当日券¥2,000
★の回は平日昼割
予約券¥1,500/当日券¥2,000
高校生以下各1000円引き
※要身分証明書
恒例の「貧民割引」あり
※9月8日(土)までにご予約された方が対象です。当日受付にて「貧民です」とご申告下さい。

【ご予約】
コメントまたはメッセージにお願いします!

【脚本・演出】
冨坂友

【キャスト】
淺越岳人
鹿島ゆきこ
塩原俊之
(以上Aga-riskEntertainment)

榎並夕起(TEAMJACKPOT)
木村ゆう子
金原並央(害獣芝居)
甲田守
さいとう篤史
斉藤コータ(コメディユニット磯川家)
信原久美子(コメディユニット磯川家)
長谷川一樹(ToricoRollCake)
細井ひさよ
矢吹ジャンプ(ファルスシアター)

【概要】
アガリスクエンターテイメント第17回公演は、6年前に上演され再演希望の呼び声も高い結成初期の代表作『ナイゲン』を完全リメイク。
高校生達が不慣れな会議に翻弄されながら互いを蹴落とす様を通して、会議の持つくだらなさ、ばかばかしさをコメディとして描き、そのうえで「話し合い」に希望を見いだす青春群像会話劇。

【あらすじ】
かつては自主自律を旨とし生徒による自治を誇っていたが、今はそんな伝統も死に絶えたどこにでもある進学校、国府台高校。
ある夏の日、唯一残った伝統にして、やたら長いだけの文化祭の為の会議“ナイゲン”は、惰性のままにその日程を終わろうとしていた。
しかし、終了間際に一つの報せが飛び込む。
「今年は、1クラスだけ、文化祭での発表が出来なくなります」
それを機に会議は性格を変え始める。
―――――どこのクラスを落とすのか。
かくして、会議に不慣れな高校生達の泥試合がはじまった…!

スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ